9施設・装置等を活用した省力・快適な生産技術の確立 (1)新たな環境制御、草姿管理によるトマトの超多収50tどり生産技術の開発

課題名 9施設・装置等を活用した省力・快適な生産技術の確立 (1)新たな環境制御、草姿管理によるトマトの超多収50tどり生産技術の開発
研究機関名 栃木県農業試験場
研究分担 野菜研究室
研究期間 完H26~ R1
年度 2019
摘要 目的:トマトの施設内環境データ、生体情報を活用し、温度管理を中心とした生産性の高い環境制御法及び草姿管理法の開発し、超多収50t/10aを達成する。
成果:各種環境制御と草紙管理を組合せて、単位面積当たり収量52トン/10aを達成した。
カテゴリ 温度管理 環境制御 環境データ トマト

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる