Ⅰ-2 消費者ニーズにマッチした所得向上に寄与する新品種の迅速な開発と普及定着 [7] 水稲・畑作物の新品種育成、選定及び栽培法の確立 1 水稲の新品種育成、選定、栽培法の確立及び種苗生産技術の開発 (2)地域適応性検定試験

課題名 Ⅰ-2 消費者ニーズにマッチした所得向上に寄与する新品種の迅速な開発と普及定着 [7] 水稲・畑作物の新品種育成、選定及び栽培法の確立 1 水稲の新品種育成、選定、栽培法の確立及び種苗生産技術の開発 (2)地域適応性検定試験
研究機関名 千葉県農林総合研究センター
研究分担 水田利用
研究期間 継H28~R2
年度 2019
摘要 本県育成系統を、気象条件及び土壌条件が異なる県内3研究室で供試し、各地域における適応性が高い優良系統を選抜する。 本年度は 「ふさおとめ」にカドミウム(Cd)低吸収性を導入した1系統を供試し、「ふさおとめ」に比較してごま葉枯病の発生は やや多いが、主要特性が同等な「千葉38号」を選抜した。
カテゴリ ごま 新品種 新品種育成 水稲

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる