気象変動に対応した高品質で安定生産可能な道産小麦の開発促進(第2期)

課題名 気象変動に対応した高品質で安定生産可能な道産小麦の開発促進(第2期)
研究機関名 北海道立総合研究機構  中央農業試験場
研究分担 北見麦畑
北見技術
研究期間 継R1~3
年度 2020
摘要 (1)実需者のニーズに対応した、高品質で障害や病害に強く気象変動下で安定生産可能な各種用途向け多収小麦品種の開発を促進する。
(2)気象条件に対応した生産と品質の安定化を可能とする生育診断技術、栽培法を開発する。また、近年被害が拡大しているなまぐさ黒穂病の対策技術を開発する。
カテゴリ 小麦 生育診断技術 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる