佐渡島特産「おけさ柿」大規模経営へのスマート農業技術体系の導入実証

課題名 佐渡島特産「おけさ柿」大規模経営へのスマート農業技術体系の導入実証
研究機関名 新潟県農業総合研究所  園芸研究センター
研究分担 園研育種栽培科
研究期間 新R2~R3
年度 2020
摘要 目的:近年の除草ロボットや収穫支援ロボットなど、省力化が期待できる技術の多数輩出をふまえ、省力樹形技術を検討する動きもあることから、省力樹形栽培とこれを更に省力化させるスマート農業技術などを活用した果樹の省力的栽培技術体系を提案・実証する。
成果:スマートグラスを用いた熟練者作業の「見える化」及び遠隔指導による新規参入者等への熟練栽培技術の実践支援として、チェックリストを利用したせん定作業はジョイント栽培において作業効率の向上が期待でき、あわせてスマートグラス利用した未経験者によるせん定作業の可能性が示された。
カテゴリ かき くり 栽培技術 省力化 除草 大規模経営 ロボット

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる