北海道産小豆新品種の機能性評価と新たな調理加工方法の開発

課題名 北海道産小豆新品種の機能性評価と新たな調理加工方法の開発
研究機関名 北海道立総合研究機構  十勝農業試験場
研究分担 研究部・豆類畑作グループ
研究期間 新R3~4
年度 2021
摘要 目的)小豆子実の機能性成分の品種・産地・年次変動の解析を行い、新品種を含めた機能性成分の情報を明らかにするとともに、機能性成分残存量の高い新たな調理加工方法の検討を行う。
成果)ポリフェノール含量は新品種・有望系統において「エリモショウズ」より低かった。抗酸化活性は、いずれの品種とも大きな差はなかった。
カテゴリ 加工 機能性 機能性成分 新品種 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる