大規模水田輪作高位安定生産技術の開発と実証

課題名 大規模水田輪作高位安定生産技術の開発と実証
研究機関名 宮城県古川農業試験場
研究分担 作物栽培部
研究期間 新R3~R7
年度 2021
摘要 目的:大面積での水稲乾田直播-大豆-子実用トウモロコシの3年3作輪作体系を省力的に作物生産すると同時に、単収や収益性を確保できる水田輪作営農体系を構築する。
成果:大豆播種前のチゼルプラウとパワーハローによる事前耕起は,慣行のダウンカットロータリとアップカットロータリによる事前耕起より土壌水分の違いによる砕土率および出芽率の変動が小さく,作業時間も1/3程度に短縮することが可能であった。
キーワード ・水田輪作
・大豆
・チゼルプラウ
・パワーハロー
カテゴリ 乾田直播 水田 水稲 大豆 とうもろこし 播種 輪作 輪作体系

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる