遊休農地再生利用のための土地利用型作物栽培体系の確立

課題名 遊休農地再生利用のための土地利用型作物栽培体系の確立
研究機関名 福島県農業総合センター
研究分担 会津地域研究所
研究期間 新R3~R7
年度 2021
摘要  ソバを中心に遊休農地再生利用を実施している生産法人を対象に調査を行った。ほ場の生産性が高く、連担性が高いことが経営上の大きな利点となっており、また、製粉施設を有しソバ粉の販売が可能なことも、収益性の向上につながっていることを明らかにした。
カテゴリ 経営管理 栽培体系 そば

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる