直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発

課題名 直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発
研究機関名 新潟県農業総合研究所  作物研究センター
研究分担 作物研栽培科・高品質栽培チーム
研究期間 継R1~R5
年度 2021
摘要 目的:県内の現地水田において、雑草イネに有効とされる除草剤の体系防除効果を確認する。また、除草剤と併せて中央農研等で開発された対策技術の被害低減効果を明らかにし、雑草イネの防除体系を確立する。
成果:春季の雑草イネは移植期や入水後30日程度までの出芽が多い。移植当日にプレチラクロールを主とする初期除草剤、その 10日後と 20日後に有効除草剤を処理することで雑草イネ残草量は減少する。
カテゴリ 雑草イネ 直播栽培 除草剤 水田 難防除雑草 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる