植物遺伝資源の収集・保存・提供の促進(ナス遺伝資源の特性解明)

課題名 植物遺伝資源の収集・保存・提供の促進(ナス遺伝資源の特性解明)
研究機関名 新潟県農業総合研究所  園芸研究センター
研究分担 園研育種栽培科
研究期間 継H30~R4
年度 2021
摘要 目的:東南アジアのナス遺伝資源の日本国内での利用促進を目的に特性を評価し種子増殖を図る。
成果:供試系統の多くは緑色ないし白色の球形または卵形の果実で、扁円形や円筒形の果実など様々な果形が見られた。系統内の形質分離は6系統で認められ、8系統で100g以上、7系統で50g以上を採種した。
 80系統のうどんこ病抵抗性を診断し、近縁種3系統とナス種1系統で抵抗性をもつ可能性が示唆された。
カテゴリ 遺伝資源 うどんこ病 抵抗性 なす

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる