紫サツマイモ「ふくむらさき」の機能性成分変動の解明と品質収量向上技術の開発

課題名 紫サツマイモ「ふくむらさき」の機能性成分変動の解明と品質収量向上技術の開発
研究機関名 茨城県農業総合センター  園芸研究所
研究分担 流通加工研究室
研究期間 継 R2~4
年度 2021
摘要 目的:紫サツマイモ「ふくむらさき」の機能性成分に着目し、成分の産地間・貯蔵後の変動状況把握する。
成果:キュアリング処理有無の違いによるアントシアニン総量への影響は判然としなかったが、産地間の違いが確認できた。また、貯蔵期間の違いによる総量の違いが確認できた。
カテゴリ 機能性成分 収量向上

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる