夏季の異常気象に対応したコンニャク日焼け症発生要因の解明

課題名 夏季の異常気象に対応したコンニャク日焼け症発生要因の解明
研究機関名 群馬県農業技術センター
研究分担 こんにゃく特産研究センター
研究期間 R3~R5
年度 2021
摘要 ・夏季の異常気象により、コンニャク日焼け症の発生地域が拡大している。日焼け症は腐敗病を誘引し、球茎収量に大きな被害を引き起こす。
 一方で、日焼け症は生理障害であるが、初期症状として最も顕著なものは小葉の黄化症状であり、葉枯病や根腐病罹病時の初期症状に類似している。
 小葉の黄化症状において、日焼け症及び、根腐病や葉枯病などの病害に由来するものを識別する技術を開発することで、日焼け症の発生程度を把握し、発生要因を抽出する。
 また、日焼け症や葉枯病は、腐敗病に進展することにより、産地に大きな被害をもたらすため、その防除として多数回のボルドー液散布が行われてきた。このボルドー液の散布削減が可能となる施肥・栽培体系について検討を行う。
カテゴリ 黄化症状 こんにゃく 栽培体系 生理障害 施肥 根腐病 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる