ウンシュウミカンの系統試験(68)

課題名 ウンシュウミカンの系統試験(68)
課題番号 1993001201
研究機関名 果樹試験場(果樹試)
研究分担 興津・育種1研
研究期間 継S13~H07
年度 1993
摘要 ウンシュウミカンは原木の発生以来多くの変異系統が出現し、極早生、高糖系など優良系統が選抜されている。また、優良変異の作出および選抜が積極的に進められている。そこで原木発生以来の変異の方向(選抜の方向)、変異の幅を明らかにし、ウンシュウミカンの品種改良の可能性について検討を行う。昭和50年及51年に定植した極早生を中心とした系統では、減酸の早い系統は一般に樹勢が対照の興津早生、三保早生に比べ弱い傾向にあった。また、初秋季の日焼けの発生にも系統間差が認められ、これが樹勢や熟期と関連があるものと考えられた。
カテゴリ 温州みかん 栽培技術 台木 品種 品種改良

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる