バイオテクノロジーを用いた新育種素材の作出-マメ類の子実害虫抵抗性の物質的基礎の解明(20)

課題名 バイオテクノロジーを用いた新育種素材の作出-マメ類の子実害虫抵抗性の物質的基礎の解明(20)
課題番号 1995000016
研究機関名 農業研究センター(農研センタ)
研究分担 作物開発・豆類育種研(畑作育種班)
研究期間 継H02~H08
年度 1995
摘要 インゲンマメ種子のもつ耐虫性蛋白質α-アミラーゼインヒビター(αA1)の遺伝子をアグロバクテリウムを介してアズキに導入し、アズキゾウムシ抵抗性アズキの作出を試みた。カナマイシンを含む選択培地で形成された不定芽を、カナマイシンを含む発根培地に移植し、発根個体を選抜した。これら選抜個体を鉢上げし、自殖により11個体から種子を得た。うち1個体の種子からαA1が検出され、本個体が形質転換体であることを確認した。非形質転換体種子では付加した幼虫は種子を食害したが、形質転換アズキ種子では幼虫が種子に食入直後に死亡し、アズキゾウムシ抵抗性をもつことを示した。
カテゴリ あずき 育種 遺伝資源 いんげんまめ 害虫 抵抗性

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる