細胞選抜を利用したさとうきびさび病抵抗性系統の作出(83)

課題名 細胞選抜を利用したさとうきびさび病抵抗性系統の作出(83)
課題番号 1997003285
研究機関名 九州農業試験場(九州農試)
研究分担 (生物研作物開発・きび育種研放育場)
研究期間 完H06~H08
年度 1997
摘要 さび病感受性品種Ni1の放射線処理(30KR急照射)と葉片培養により作出した抵抗性2系統の生産力を検定した。変異体1は原品種と比較して収量特性に優れていた。変異体2は早期出穂性であった。有望であった変異体1の染色体数を調べたところ、平均値で83(原系統は86)であり、若干減少していた。また、PCR多型が検出された。今後は、多型の確認と選抜への適用を試みる。
カテゴリ 加工 さとうきび 需要拡大 抵抗性 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる