熱帯・亜熱帯植物に発生するウイルス病の農作物への影響(49)

課題名 熱帯・亜熱帯植物に発生するウイルス病の農作物への影響(49)
課題番号 1998004173
研究機関名 国際農林水産業研究センター(国研センタ)
研究分担 沖縄・作物保護研
研究期間 継H07~H11
年度 1998
摘要 沖縄県石垣市のナス科植物に発生するジャガイモYウイルス(PVY)の調査を行った。その結果、PVY抗血清と反応するウイルスを庭木のフサナリツルナスビから1株、タバコから3株、トマトから1株、ジャガイモから1株の計6株得て、それぞれSOL1からSOL6まで番号をつけ、性質の比較を行った。その結果、すべて長さ約730nmのひも状ウイルスで,管状封入体(CI)があり、タバコ,ペチュニアなど多くのナス科植物に全身感染,Chenopodium amaranticolor,C.quinoaに局部感染し、モモアカアブラムシとワタアブラムシによって非永続伝染し、また物理的性質も似通っていた。しかし、タバコのSOL4だけはほかの5株と違ってDatura stramoniumに感染し、粒子の外被タンパク質と細胞質内封入体の分子量がそれぞれ30KD,70KDであり他の34KD,67KDとは異なった。諸性質からS0L1,2,3,5,6をPVYと同定したが、SOL4は研究中である。フサナリツルナスビは一年を通じて生育することから、PVYの伝染源のひとつと考えられる。
カテゴリ 病害虫 亜熱帯 たばこ つるな トマト なす ばれいしょ ペチュニア 防除 わた

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる