乳房炎起因細菌の酪農環境内動態の分子疫学的解明

課題名 乳房炎起因細菌の酪農環境内動態の分子疫学的解明
課題番号 1998003698
研究機関名 家畜衛生試験場(家衛試)
研究分担 (北海道農業共済連合会総合診断北海道・家畜臨床講習所)病原診断研臨床生化研臨床微物研
研究期間 新H10~H11
年度 1998
摘要 〔目的〕牛・畜舎環境・搾乳環境といった酪農環境から分離される乳房炎起因細菌の動態を当該細菌遺伝子の相違を利用した分子疫学的手法により精緻に解析し、乳房炎の交差感染、伝播様式を正確に把握することによって効率的な乳房炎の防遏、及び牛乳品質向上のための管理技術の開発・改良に資するための基礎的知見を得る。〔期待される成果と活用面〕代表的な乳房炎起因菌の酪農環境内動態が明らかになり、乳房炎の感染源、感染経路、交差感染様式、伝播様式が把握される。そのことによって環境制御による乳房炎の防除法の確立、すなわち乳房炎の発生を低減させる飼養管理技術・搾乳衛生技術の開発・改良が可能となる。〔具体的な研究内容〕伝染性乳房炎起因菌および環境性乳房炎起因菌のそれぞれについて、家畜共済組合の協力を得て材料を収集し、分離された菌について細菌の遺伝子の異同を利用した分子疫学的手法により緻密に解析し、当該菌の酪農環境内分布・動態を調べる。
カテゴリ 病害虫 害虫 環境制御 管理技術 飼育技術 乳牛 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる