カメリア類のポリフェノールにおける新機能性の解明

課題名 カメリア類のポリフェノールにおける新機能性の解明
課題番号 1998001807
研究機関名 野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究分担 茶利用加工・製品開発研
研究期間 新H10~H12
年度 1998
摘要 様々な機能性を有していると考えられるカメリア類、特に茶に含まれる種々のポリフェノール類を分離し、その新規機能性(がん転移の1つであるがん浸潤阻害効果)の検討、利用技術の開発等を行う。10~11年度ではがん浸潤阻害活性の高い茶成分の探索を行うとともに、併行して10~12年度にポリフェノール類の血管内皮細胞接着分子発現への影響や、がん細胞内シグナル伝達系への影響の検討等、作用機作の解明を行う。カメリアのポリフェノール類のがん転移阻害作用が明らかにされ、消費者の茶への関心がさらに高まり、茶の需要拡大に資する。また、成分育種にフィードバックすることにより、より付加価値の高い作物生産への道が開ける。
カテゴリ 育種 機能性 需要拡大

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる