熱帯・亜熱帯アジア産農業関連細菌の多様性の解析(9)

課題名 熱帯・亜熱帯アジア産農業関連細菌の多様性の解析(9)
課題番号 1999000365
研究機関名 農業生物資源研究所(生物研)
研究分担 遺資一(上席福建農業大学)
研究期間 継H07~H11
年度 1999
摘要 10年度は中国南部に位置する福建省及び浙江省において、リゾビウム科細菌の探索収集を行った。福建省では果樹の苗園において根頭がんしゅ病の発生調査を行い、モモの苗木に発生したがんしゅ組織を採集した。さらに、福建省及び浙江省においてエンドウ、インゲン及びソラマメより根粒の採集を行った。これらの採集標本よりリゾビウム科細菌を分離し、簡易同定を行った。また、これまで中国で収集した同科細菌の16S-23S rDNAスペーサー領域のシークエンス解析を行った結果、本科細菌はスペーサー領域に大きな変異がみられることが明らかとなった。 リゾビウム科細菌のうち、Agrobacterium tumefaciensとマメ科植物の相互作用を検討した結果、インゲンが本細菌と高い親和性を示し、ダイズ及びピーナツとは親和性が低かった。
カテゴリ 亜熱帯 そらまめ 大豆 もも

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる