ストレス応答性のジンクフィンガー型転写因子の機能解析

課題名 ストレス応答性のジンクフィンガー型転写因子の機能解析
課題番号 1999000585
研究機関名 農業生物資源研究所(生物研)
研究分担 生理機能・発生分化研
研究期間 新H11~H13
年度 1999
摘要 ペチュニアから単離したジンクフィンガー(ZF)転写因子の中には環境からのストレスに応答して遺伝子発現が変化するものが存在する。本課題ではこれらのストレス応答性ZF転写因子の機能を解析することを目的とする。11年度は、植物が傷、乾燥、低温などのストレスを受けたときの各ZF遺伝子の発現の変化を解析する。12年度は、誘導的遺伝子発現系によるZF遺伝子の機能解析のため、グルココルチコイド・リセプターとZF遺伝子の融合遺伝子を作製し、ペチュニアに導入する。13年度は得られた形質転換体の表現型を解析する。
カテゴリ 乾燥 ペチュニア

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる