カンキツソローシス様症状病原体の病原性分化機構の解明

課題名 カンキツソローシス様症状病原体の病原性分化機構の解明
課題番号 1999001562
研究機関名 果樹試験場(果樹試)
研究分担 保護・病原機能研
研究期間 単H10~H10
年度 1999
摘要 カンキツソローシス病類似症状である、ユーレカレモン、ワシントンネーブル、カワバタの新葉の退緑斑紋症状、ウンシュウミカンの黄色斑葉症状、ヒュウガナツのコンケーブガム症状を接種源として草本検定植物へ接種した。草本植物に病原体が伝染し発病したのは、ユーレカレモンの退緑斑紋症状のみで、他の症状からは草本植物への伝染が見られなかった。わが国のカンキツソローシス病様症状のうち、草本植物を用いた診断が可能なのはユーレカレモンの症状(「カンキツ退緑斑紋病」と仮称)のみで、Chenopodium quinoa が検定植物として優れていた。他の症状については、カンキツへの接ぎ木接種による診断のみが可能であった。
カテゴリ 病害虫 温州みかん 害虫 栽培技術 接ぎ木 ネーブル 日向夏 防除 レモン その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる