形質転換による地域特産物へのウイルス抵抗性の付与

課題名 形質転換による地域特産物へのウイルス抵抗性の付与
課題番号 1999003578
研究機関名 九州農業試験場(九州農試)
研究分担 地域基盤・病害遺伝研
研究期間 新H11~H13
年度 1999
摘要 外被タンパク質(CP)などのウイルス遺伝子のcDNAを、形質転換によって九州地方で重要な作物であるメロン、サトイモ、リンドウに導入してウイルス抵抗性を付与することを目的とする。メロンにキュウリ緑斑モザイクウイルスやメロンえそ斑点ウイルスなどに対する抵抗性が付与され、サトイモにはサトイモモザイクウイルス抵抗性が付与でき、リンドウにキュウリモザイクウイルスやソラマメウイルトウイルスへの抵抗性が付与される。
カテゴリ 病害虫 害虫 管理技術 きゅうり さといも そらまめ 抵抗性 防除 メロン りんどう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる