リンドウのウイルスに対する弱毒ウイルス及び検定技術の開発(177)

課題名 リンドウのウイルスに対する弱毒ウイルス及び検定技術の開発(177)
課題番号 1999000175
研究機関名 農業研究センター(農研センタ)
研究分担 病害虫防除・ウイルス研(上席)
研究期間 完H08~H10
年度 1999
摘要 埼玉県における鉢物用わい性リンドウから、クローバ葉脈黄化ウイルス(ClYVV)およびソラマメウイルトウイルス(BBWV)を分離・同定した。ClYVVについては、人為的処理により弱毒化を図り、弱毒ウイルス候補株を得た。BBWVについては、より安定的に回収・濃縮できる純化精製法を検討し、既存のものよりも非特異反応が少なく高感度にBBWVが検出できる抗血清を作製した。また、本邦および海外のBBWV分離株のゲノム解析を行い、各分離株間の相同性を解析した。
カテゴリ 病害虫 害虫 管理技術 そらまめ 防除 りんどう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる