強抗酸化・良質・多収ごま品種の育成(230)

課題名 強抗酸化・良質・多収ごま品種の育成(230)
課題番号 1999000254
研究機関名 農業研究センター(農研センタ)
研究分担 作物開発・資源作育研
研究期間 継H04~H13
年度 1999
摘要 10年は21組合せの交配を行い、F2世代(7組合せ)F3世代(31系統)F4世代(1系統)、F5世代(6系統)、F6世代(5系統)を栽培して(総数23、805個体)、個体選抜を行った。圃場形質を調査するとともに種子成分の分析を行い、セサミン・セサモリンの含有量が従来の栽培品種の2~3倍以上の系統を得た。選抜した系統は成熟期が一般栽培品種と同程度の9月中旬で、収量性は在来種である真瀬金ごまと同程度か、それ以上であり、農業形質についても有望である。ごまの種子中抗酸化性成分の濃度が高く、農業形質に優れる系統育成を行う。育成系統における固定度は、草丈が花穂長より高く、セサミン含有量がセサモリンより高かった
カテゴリ ごま 需要拡大 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる