ゴマの強抗酸化性系統の開発(231)

課題名 ゴマの強抗酸化性系統の開発(231)
課題番号 1999000255
研究機関名 農業研究センター(農研センタ)
研究分担 作物開発・資源作育研
研究期間 継H06~H12
年度 1999
摘要 ごまの種子中における抗酸化性成分の含有量が多く、農業形質に優れた系統の育成を行う。セサミン・セサモリン含有量が従来の栽培品種の2倍以上であり、収量性が同等以上の系統を得た。また、水溶性の抗酸化性成分であるセサミノール配糖体の含有量は、播種期に伴って変動することが明らかになった。育成系統の種子について、80%エタノール抽出液による生体外での抗酸化活性の評価を行った結果、αトコフェロールより強い抗酸化活性を示す系統を見出した。
カテゴリ ごま 需要拡大 播種 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる