地図情報を考慮した森林施業計画策定手法の開発(847)

課題名 地図情報を考慮した森林施業計画策定手法の開発(847)
課題番号 746
研究機関名 森林総合研究所
研究分担 九州・経営研
研究期間 延4~8~(11)~(12)
年度 2000
摘要 森林組合などで森林計画等を編成する場合,地理的な情報が必要となる。しかし山地の等高線は屈曲部が多いため,デジタル化にはデータ量が多くなり,その整備等が困難とされていた。そこでパソコンを利用して,その等高線について整備ならびにその問題点を検討した。本課題の対象である熊本県球磨村森林組合管内の等高線情報のデジタル化にはイメージスキャナで等高線情報を画像として読みとり,ベクター化を行うという方式を用いた。これらの処理作業により,等高線情報のベクトル化が行われた。これらの等高線情報と林班界,小班界など既存の地理情報と重ね合わすことで,より詳細な解析が可能となった。
カテゴリ 亜熱帯 管理技術 経営管理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる