土壌環境微生物評価技術開発

課題名 土壌環境微生物評価技術開発
課題番号 109
研究機関名 北海道農業試験場
研究分担 畑作センタ・環境チーム
研究期間 止9~12~(13)
年度 2000
摘要 十勝管内ゴボウ作付け圃場からランダム採取された36土壌では、何れも多様性指数が50菌株換算値で1500以下の土壌が希であり、平均して2000前後と比較的高い多様性を維持していることが明らかになった。多様性と農薬使用歴との相関は判然としなかった。しかし、希ではあるが一部に1500以下の土壌が存在し、物質投入による分解速度論的検討から、分解機能の崩壊現象が見られた。13年度は大面積の土壌でのデータ取得を容易にするための分析手法の改良、簡便化を行う。(研究機構-北農セ)
カテゴリ 病害虫 寒地 機械化 ごぼう 水田 土壌環境 農薬 評価法

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる