トスポウイルスの遺伝的多様性の解析に基づく防除技術の開発(297)

課題名 トスポウイルスの遺伝的多様性の解析に基づく防除技術の開発(297)
課題番号 260
研究機関名 九州農業試験場
研究分担 地域基盤・病害遺伝研
研究期間 止12~(13)
年度 2000
摘要 沖縄県で単離されたWSMVのNタンパク質遺伝子領域をRT-PCRで増幅して塩基配列を決定し、日本で報告されている他のトスポウイルスと比較した結果、TSWVとは42%、INSVとは39%、IYSVとは69%の相同性を示した。また、WSMVのツルナでの病徴を異にするWSMV2系統のRT-PCR-RFLPによる識別法を確立した。(研究機構-九沖農セ)
カテゴリ 病害虫 害虫 管理技術 つるな 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる