新粗飼料供給・放牧システムの経営・経済的評価と新経営体モデルの設計(33)

課題名 新粗飼料供給・放牧システムの経営・経済的評価と新経営体モデルの設計(33)
課題番号 25
研究機関名 東北農業試験場
研究分担 総合研究・農村シス研
研究期間 完9~12
年度 2000
摘要 本課題の目的は、公共草地を活用した新しい粗飼料供給・放牧システムの経済的評価と経営条件に対応した新経営体モデルを設計し、日本短角種を核とした地域農業システムの確立に資することにある。そのために、公共草地の利用実態と粗飼料販売の経営実態を明らかにし、未低利用地の簡易更新による草地の高度利用を行い、粗飼料販売事業を強化する粗飼料供給放牧システムを提示した。新しい簡易更新技術であるマクロシードペレット散布作業システムの経済性評価を行い適応条件を明らかにするとともに、秋田県鹿角市のT牧野を想定して導入可能性を検討した。新草地更新システムは既存法に比べ野草等の混生草地や林内草地造成、急傾斜地において経済的優位性があり、損益分岐点分析から預託事業の単年度赤字を補填して公共牧場に経営改善効果をもたらすことを明らかにした。「費用面からみたマクロシードペレット散布作業システムの適応性」として、11年度の新技術に成果の受け渡しを行った。なお、農家以外の農業事業体を対象にした短角種肥育事業の単純再生産が成立する価格条件を明らかにしているが、現況の価格条件でその差を補填する販売・流通方策の解明が残されている。
カテゴリ 経営管理 傾斜地 水田 低コスト 肉牛 繁殖性改善

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる