直播適性良食味品種の育成

課題名 直播適性良食味品種の育成
課題番号 2001000313
研究機関名 独立行政法人農業技術研究機構
研究分担 農業技術研究機構 北海道農業研究センター 作物開発部 稲育種研究室
協力分担関係 国際農林水産業研究センター
研究期間 新規2001~2001
年度 2001
摘要 「北海288号」は、直播に利用されている品種「ゆきまる」より苗立率が10%ほど低く、登熟期がやや遅く、多収で良食味であった。奨決の現地評価では、直播を進めている当麻町で有望と評価され、次年度実用化に向けて栽培試験を継続することとなった。「北海291号」については、品質・食味は評価が高かったが、奨決試験全体を通じて粒厚が薄い点が問題となった。いずれの系統も14年度に成績をとりまとめ新品種として提案の予定である。
カテゴリ 寒地 高付加価値 新品種 水稲 品種 良食味

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる