瀬戸内海における内湾域の生物生産構造の把握と機能評価

課題名 瀬戸内海における内湾域の生物生産構造の把握と機能評価
課題番号 2005007706
研究機関名 水産総合研究センター
研究分担 水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所 生産環境部 環境動態研究室
水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所 生産環境部 藻場・干潟環境研究室
研究期間 新規2001-2005
年度 2005
摘要 ・蓄積された基礎生産と環境要因のデータをもとに各海域ごとに重回帰分析を行い、瀬戸内海東部・中央部の植物プランクトン動物プランクトン等に与える影響を把握するとともに、本海域における低次食物連鎖は効率的に駆動しているものの、燧灘においては微生物食物連鎖が卓越している可能性があると推定した。・アミ類主要2種について炭素・窒素安定同位体比の分析を実施して餌料の起源を明らかにした。・これまでの知見と合わせて、アミ類を中心とする燧灘南部沿岸域の食物網の季節的な動態を把握した。光を環境要因とした生産力モデルに、葉上沈積物(浮泥)の効果を取り込んで完成度を高めた。・上記モデルで、広島湾におけるノコギリモクを例として、生育地の水質による分布水深の違いや、成長期の秋季に大量の藻体の脱落が起こる本海域特有の現象と符合することを把握し、環境変動が高次生産に及ぼす影響の解明に係る知見、技術を取りまとめた。
カテゴリ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる