米の品質向上に向けた栄養診断技術の確立

課題名 米の品質向上に向けた栄養診断技術の確立
研究機関名 岩手県農業研究センター
研究分担 水田作
研究期間 新H16~18
年度 2003
摘要 目的:米政策改革大綱のもと、今後さらに産地間競争の激化が予想されることから、特に米のタンパク含有率が低く、高品質の良質米を、安定的に生産・供給することが必要である。このことから、当課題では米のタンパク含有率を適正にするための栄養診断技術を確立することを目的とする。到達目標:米タンパク含有率の制御を考慮にいれた栄養診断技術の開発。予定成果(初年目):幼穂形成期の葉色、生育量および追肥条件と出穂期頃の葉色、生育量の関係幼穂形成期以降における土壌無機態窒素の推移と稲体窒素吸収との関係を解明する成果:ア県奨励品種について各品種ごとに、収量、品質の安定化に向けた生育・栄養診断指標を提示している(県稲作指導指針)。イ県内水田の主な土壌型について、水稲の地力窒素依存度、窒素発現の特徴を明らかにした。(水田地力窒素発現の特徴平成3年度指導上の参考事項)
研究対象 水稲
専門 栽培生理
部門 水稲
カテゴリ 栄養診断 水田 水稲 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる