水田を活用した持続的作付体系及び優良種苗の安定確保によるサトイモ産地強化の実証

課題名 水田を活用した持続的作付体系及び優良種苗の安定確保によるサトイモ産地強化の実証
研究機関名 岩手県農業研究センター
研究分担 野菜畑作
研究期間 完H13~15
年度 2003
摘要 目的:北上市二子地区では水田の大区画化整備が進み、水稲・園芸作物・畑作物を組み合わせた水田農業の推進が今後の課題となっている。また、当該地区はサトイモの特産地として古くから知られ、今後も園芸作物の基幹品目として成長が期待される。そこで、本研究ではさといもの生産上の課題である水田を活用した持続的作付体系及び優良種苗の安定確保を確立することにより、サトイモ産地の強化が図られることを目的とする。到達目標:ア 水田を活用した持続的作付体系の確立イ 優良種苗の安定確保予定成果(初年目):・連作障害防止資材の選定・優良種苗の生産力、栽培特性、品質の把握・培養苗の試作、培養特性評価(2年目)期待効果:ア 連作障害回避による収量、品質の向上イ 優良系統の選抜による一定した品質や生産量の確保 ウ 優良種苗安定供給による安定生産成果:(1)連作障害対策を中心とした水田活用体系の実証石灰窒素、ダゾメット粉粒剤による本畑消毒において収量等の向上効果が認められた。(H12、野菜畑作研究室)(2)優良種苗決定のための現地調査「二子いも」の9系統について生育経過を継時的に調査し、生育相を把握した(H12野菜畑作研究室)。 (3)優良種苗の培養苗利用による栽培実証 ア 植物ホルモンを加えない液体培地による培養法が開発され、現地で増殖・栽培に取り組んでいる(秋田遺伝資源利用総合センター、山内村農業総合指導センター)。イ 山形県では、園芸試験場で作出した培養苗(植物ホルモンとしてBA0.5mg/lを使用)を増殖後、セル成型苗で種苗センターに供給している。
研究対象 サトイモ
戦略 園芸
専門 栽培生理
部門 野菜
カテゴリ 遺伝資源 さといも 水田 水稲 連作障害

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる