花き新品種の開発 (1)りんどうオリジナル品種の作出

課題名 花き新品種の開発 (1)りんどうオリジナル品種の作出
研究機関名 山形県立園芸試験場
研究分担 バイオ育種部
野菜花き研究部
研究期間 継H11~15
年度 2003
摘要 目的、計画:・優良F1品種を育成するためには、交配親系統の育成・維持が必要である。そのために、新規育種材料の収集、弱勢化しない程度の系統の固定、固定系統の維持・増殖を行う。・本県に適する優良F1品種を作出するため、第一次選抜系統の播種・定植、特性調査(第二次選抜)、再現交配を行う。さらに、新規F1系統の播種・定植を行う。・効率的作出のために、これまでの交配から得られた結果をもとにF1世代への遺伝様式を解析する。・長期間にわたる固定系統維持・増殖及びオリジナル品種の種子安定供給のため、組織培養及び挿し木繁殖技術を確立する。期待される成果:・本県の気象条件に適した市場性の高い極早生から晩生までのオリジナル品種が作出され、初夏から晩秋まで継続生産が可能になり、中山間地域の農業が活性化されるとともに産地拡大が図られる。・遺伝様式の解明により育種の効率化が図られる。・組織培養及び挿し木繁殖技術の確立により、長期間にわたり固定系統の維持・増殖が可能になり、新規交配がスムーズに行えるとともにオリジナル品種の種子が安定供給できる。 得られた成果:これまでに、7系統を園芸作物奨励品種決定調査に移し、平成14年に「山園G1号」が現地に導入され、今年度に「山園G2号」を種苗登録申請する。残された問題点:有望F1作出用固定系統の維持・増殖、育種素材の収集、遺伝資源系統の選抜をさらに進める必要がある。
研究対象 りんどう
戦略 園芸、作物育種
専門 育種
部門 花き
カテゴリ 育種 遺伝資源 栽培技術 挿し木 種子安定供給 新品種 中山間地域 播種 繁殖性改善 品種 りんどう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる