38.胚・胚珠培養によるヤマノイモ類の雑種個体育成

課題名 38.胚・胚珠培養によるヤマノイモ類の雑種個体育成
研究機関名 群馬県農業技術センター
研究分担 生物工学グループ
研究期間 継H14~16
年度 2003
摘要  イチョウイモの花は雌花のみであり、イチョウイモ間での交配は不可能である。また、イチョウイモの開花時間調査から活性を持つ花粉は日の出から2時間前後の短時間のみに得られることが確認された。そこで、同じヤマノイモ属で、雄花をつけるナガイモと交配し、胚培養によって雑種個体を作出し、600~700で高い粘性を持つ優良イチョウイモ系統を育成する。なお、ツクネイモとジネンジョの胚珠培養で得られ、イチョウイモとナガイモの胚珠培養で多数の個体が得られ、こちらは現在野菜グループほ場にて芋育成中。 16年度からは、新規課題「胚珠培養技術を利用した園芸新品種の開発」で検討。 
研究対象 ヤマノイモ
戦略 園芸
専門 育種
部門 野菜
カテゴリ 育種 いちょう 新品種 やまのいも

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる