鳥獣害対策を前提とした集落活性化対策の確立

課題名 鳥獣害対策を前提とした集落活性化対策の確立
研究機関名 奈良県農業技術センター
研究分担 鳥獣害対策プロジェクトチーム
研究期間 継H15~18
年度 2003
摘要 目的は、サル、イノシシ、シカ等が生息する地域での高齢者が管理することを前提にした集落の合理的農業生産を維持する鳥獣害対策を検討することである。1.鳥獣害防止対策情報の提供と防護出来る環境改善対策の確立では、集落ぐるみで取り組むべき獣害防止情報マニュアルを試作し、これに従った集落環境の改善と併行してハウス廃材を利用したシカ・イノシシ応用型<猿落君>を開発した。マニュアルを講習会で伝え,各自で防護柵の設置が行われたが,防護柵のみに依存し,集落環境改善の困難な集落が多い。2.山間地域向け獣害防止型 の栽培様式の開発と多重鳥獣被害対策の防護柵の検討では、餌植物の目隠し効果を実証した。また、スイカの受け棚栽培、サツマイモの竹マルチ栽培、カキ、ナシの低面ネット栽培など、獣害対策を行うことを前提とした山間の自家消費農業地域向け栽培技術を開発した。サル、イノシシ、シカなど多重鳥獣被害が集落に発生している。栽培生産圃場を餌場と認識させないための圃場管理方法が必要。3.効率的鳥害回避技術の開発では、果実熟度と被害発生状況との間に相関関係があることを明らかにした。糸状資材の設置は忌避効果があることを確認した。資材の材質及び設置法の検討が必要である。 
戦略 農産漁村
専門 環境
部門 共通
カテゴリ かき 栽培技術 シカ すいか 鳥害 鳥獣害 防護柵 圃場管理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる