カーネーションの短期栽培

タイトル カーネーションの短期栽培
担当機関 栃木県農業試験場
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1997
要約 カーネーションの短期栽培で、6~7月定植は、早生品種が中・晩生品種に比べて、1~2ヵ月到花日数が短いが、9~12月定植では、品種の早晩性による違いは少ない。在圃期間が6ヵ月程度となる短期栽培は、輪作体系を埋める作型として有効である。
背景・ねらい カーネーション栽培において、慣行の周年生産の作型は、整枝作業、収穫作業にかなりの労力が費やされている。一方、短期栽培はそれらの作業を軽減できるメリットがある。そこで、定植時期を変えて生育特性を調査し、短期栽培向きの作付け体系を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 到花日数は、6,7月定植で早生品種が中、晩生品種よりも1~2ヵ月短いが、9~12月定植は品種間で際立った差異はない(図1)。
  2. 採花期間は、冬季の短日寡日照の条件下で長くなり、長日条件下になると短縮される(図1)。
  3. 切り花の品質は、切り花長、切り花重など到花日数が長くなるほど向上する傾向にある(表1)。
  4. 早生種の6月末定植、各タイプの12月中旬定植など、在圃期間が6ヵ月程度となる短期栽培は、他の品目との輪作体系における補完作型として有効である。
成果の活用面・留意点
  1. 目的とする採花時期・切り花品質を考慮して、定植時期・品種を決める。
  2. その年の気象条件で到花日数は変動するので注意する。
図表1 215470-1.gif
図表2 215470-2.gif
カテゴリ カーネーション 栽培技術 品種 輪作体系

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる