促成栽培かき「前川次郎」における加温温度に対する発芽までの生育反応

タイトル 促成栽培かき「前川次郎」における加温温度に対する発芽までの生育反応
担当機関 三重科技セ
研究期間 1996~2001
研究担当者 伊藤 寿
西川 豊
前川哲男
輪田健二
発行年度 2001
要約 1月上旬加温開始の促成栽培かき「前川次郎」において、最低気温が13℃を超えても発芽までの日数は短縮されない。最低気温を発芽までは13℃、発芽から開花終了までは18℃、開花終了後は15℃に管理することにより、9月上旬から収穫が可能となる。
キーワード 促成栽培、かき、前川次郎、温度
背景・ねらい かきの栽培品種は地域によって限定される場合が多く、収穫が一時期に集中しやすいことから、価格安定と作期・労力分散のための促成栽培は有効な技術となる。
かきの促成栽培における効率的な温度管理のためには、生育ステージ別の適温を明らかにする必要があり、これまで種々の報告がなされている。
今回、地植えの促成栽培かき「前川次郎」成木を材料として、特に発芽までの加温温度について検討し、効率的な温度管理の資料を得ようとした。
成果の内容・特徴
  1. 1月上旬からの加温(加温機の設定18℃)により、気温(地上120cmで測定)はすぐに上昇し、地温(地下60cmで測定)はそれよりやや遅れて上昇する(図1)。
  2. 生育ステージをあわせて促成栽培と露地栽培の温度を比較すると、発芽40日後までは促成栽培のほうが気温、地温ともに高いが、満開後は逆転する。
  3. 1月上旬加温開始の作型において、平均最低気温が13℃を超えても加温から発芽までの日数は短縮されない(図2A)。
  4. 発芽から満開までの日数と最低気温との関係は、露地栽培も含めて全てが一つの曲線上に分布し(R=0.81)、この期間の最低気温が高いほど生育日数は短い(図2B)。
  5. 開花終了後の最低気温については、加温期間中の平均最低気温14.8℃と18.9℃で収穫期および果実の生育日数に差はない(データ掲載せず)。
  6. 以上のことから、1月上旬加温開始の促成栽培において、生育ステージを発芽期、開花期で区分し、それぞれの時期に効率的な最低気温管理を行うことにより9月上旬から収穫が可能となる。
成果の活用面・留意点
  1. かき「前川次郎」促成栽培における最低気温管理の資料となる。
  2. 今回、昼間の気温は換気扇とビニル開閉により30℃を目安として管理した。

図表1 216538-1.gif
図表2 216538-2.gif
カテゴリ 温度管理 かき 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる