ポット栽培によるゴレンシの高品質果実の生産

タイトル ポット栽培によるゴレンシの高品質果実の生産
担当機関 宮崎県総合農業試験場
研究期間 1998~1998
研究担当者 濱田保典
二見久雄
山口秀一
串間新
発行年度 1998
要約 ゴレンシはポット栽培を行うことにより樹体が過繁茂せず、果実が揃って小型化し、高品質果実が平棚地床栽培とほぼ同等に生産できる。宮崎県総合農業試験場・亜熱帯作物支場
背景・ねらい ゴレンシの平棚地床栽培は、棚上の徒長枝が過繁茂して、果実も大きくなり形状が揃わず、奇形果が発生しやすくなる。そこで、不織布シート100リットル鉢を用いたゴレンシのポット栽培での、樹体の生育及び果実収量、品質について、平棚地床栽培と比較検討した。
成果の内容・特徴
  1. 幹周の肥大率は、いずれもポット栽培区の方が平棚地床区より小さい(表1)。
  2. 剪定量は、6月~2月までの合計でポット栽培区が平棚地床区に比べて、面積当たり約1/3、1樹当たり約1/8で少ない(表2)。
  3. 面積当たりの収量は、両区ともほぼ同等であるが、収穫個数はポット栽培区が多く、一果重は平棚地床区の方が重い(表3)。
  4. Brixは、ポット栽培区の方が平棚地床区より高い(表4)。
  5. 以上のことより、ポット栽培は平棚地床栽培に比べて、樹が過繁茂することなく、収量は同程度で、果実が揃って小型化し、糖度が高くなる。
成果の活用面・留意点
  1. この栽培方法は不織布シート100リットル鉢を用いたポット栽培で、地植えの根域制限栽培とは栽培形態が違う。
  2. 土壌水分を適度に保つように注意する。
図表1 220869-1.gif
図表2 220869-2.gif
図表3 220869-3.gif
図表4 220869-4.gif
カテゴリ 亜熱帯 ゴレンシ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる