ブドウ「巨峰」の展葉初期における黒とう病及び枝膨病の効率的防除体系

タイトル ブドウ「巨峰」の展葉初期における黒とう病及び枝膨病の効率的防除体系
担当機関 福岡県農業総合試験場
研究期間 1965~2000
研究担当者
発行年度 2000
要約 ブドウ「巨峰」の生育初期に発生する黒とう病及び枝膨病に対して、頂芽の展葉2~3枚頃(4月中~下旬)にジチアノンフロアブル、展葉6~8枚頃(4月下~5月中旬)に有機銅フロアブル、さらに落花直後(5月中下旬)にクレソキシムメチルドライフロアブルを散布すると、休眠期防除を省いても高い防除効果が得られる。福岡県農業総合試験場・病害虫部・果樹病害虫研究室
背景・ねらい 現在、ブドウ「巨峰」の生産地では生育初期における黒とう病及び枝膨病の防除体系の一環として、休眠期(4月上旬頃)に殺菌剤の高濃度散布が実施されている。しかし、現行の休眠期防除は、5月上旬から感染が始まる枝膨病に対する効果は低いうえ、殺菌剤の高濃度散布が行われているため、経費及び農薬の環境への負荷増大の点でデメリットが多い。そこで、新しく開発された農薬を使用し、両病害の感染時期を考慮した効率的な防除体系を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 休眠期防除を実施しなくても、頂芽の展葉が2~3枚頃(4月中~下旬)にジチアノンフロアブルを散布することで黒とう病に対して高い防除効果が得られる(表1)。
  2. 休眠期防除を省き、頂芽の展葉が2~3枚頃(4月中~下旬)にジチアノンフロアブル、同展葉6~8枚頃(4月下~5月中旬)に有機銅フロアブル、落花直後(5月中~下旬)にクレソキシムメチルドライフロアブルの組み合わせ散布で、黒とう病及び枝膨病に対して高い防除効果が得られる(表2、表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 第1回目の散布時期である、頂芽の展葉が2~3枚目頃の防除は特に重要なので、時期を失しないようにする。
  2. 休眠期防除を省いた本防除体系の、晩腐病及び褐斑病に対する効果は不明である。
  3. 本防除体系は生育初期の防除に関するものであり、6月上旬以降は慣行防除に準じて黒とう病及び枝膨病に対する防除を実施する必要がある。
図表1 221553-1.jpg
図表2 221553-2.jpg
図表3 221553-3.jpg
カテゴリ 病害虫 害虫 農薬 ぶどう 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる