キボシカミキリの接触刺激性の性フェロモンの解明

タイトル キボシカミキリの接触刺激性の性フェロモンの解明
担当機関 蚕糸・昆虫農業技術研究所
研究期間 1994~1996
研究担当者
発行年度 1994
要約 クワやイチジクの害虫であるキボシカミキリの雌成虫の体の表面には、雄成虫が触れることによって受容される性フェロモンが存在する。このコンタクトフェロモンの化学成分を抽出し、活性を有する主成分の化学構造を明らかにした。
背景・ねらい キボシカミキリ(学名:Psacothea hilaris)は甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫である。成虫は体長2~3cm位で、幼虫はクワやイチジクの幹に食い込み、形成層を食い荒らして樹勢を損ね、枯らしてしまうこともある。幼虫が樹皮下に潜む上、カイコの餌となるクワへの殺虫剤散布は著しく制限されるため、新しい防除手段開発が求められている。このような新防除技術開発を可能にするため、配偶行動解発因子である性フェロモンの解明研究を実施する。
成果の内容・特徴
  1. キボシカミキリ雌成虫の体表面には、雄が口ひげや脚の先端で接触すると一連の交尾行動が誘発される接触刺激性の性フェロモンが存在する。このコンタクトフェロモンを雌成虫の体表抽出物から分離し、その主成分の化学構造を同定した(特許出願中)。この物質はメチル側鎖と二重結合を有する炭化水素化合物の一種で、揮発性が極めて低く接触によってのみ雄に受容される点で従来同定例が多い鱗翅目昆虫等の匂いフェロモンとは異なる。
  2. 雄成虫は、医薬用のゼラチンカプセル表面に塗布した合成フェロモンに反応してカプセルを抱え込み、さらに腹部末端を曲げ交尾器を突出させる行動反応を示した
    (図1)。
    合成フェロモンの生物活性は、雌抽出物の活性に匹敵した
    (表1)。
成果の活用面・留意点 コンタクトフェロモンの利用法として、当研究所によって開発が進められた天敵糸状菌の感染効率を向上させる処理法を今後検討する。今回解明した物質と類似する機能を持つフェロモンは、ハイイロゴキブリの場合などごく少数の解明例があるが、農業害虫としては最初の例である。今後、農業害虫についてもこのような新しいタイプの行動制御物質の解明によって害虫防除などに新たな利用場面が拓ける可能性がある。
図表1 227265-1.gif
図表2 227265-2.gif
カテゴリ 病害虫 いちじく カイコ 害虫 性フェロモン フェロモン 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる