水稲品種「どんぴしゃり」の穂いもち圃場抵抗性と箱施用剤を組み合わせた防除体系

タイトル 水稲品種「どんぴしゃり」の穂いもち圃場抵抗性と箱施用剤を組み合わせた防除体系
担当機関 岩手農研
研究期間 2004~2006
研究担当者 佐々木直子
岩舘康哉
冨永朋之
菅広和
発行年度 2006
要約 「どんぴしゃり」は、穂いもち圃場抵抗性の強さを利用することにより、箱施用剤による防除のみの体系としても実用的な穂いもち防除効果が期待できる。
キーワード 水稲、穂いもち圃場抵抗性、箱施用剤
背景・ねらい 現在、岩手県では箱施用剤と本田での穂いもち予防粒剤によるいもち病の防除が主体となっている。しかし、環境負荷低減のため、化学合成農薬の使用量低減が求められており、その代替技術としては抵抗性品種の利用が挙げられる。そこで、穂いもち圃場抵抗性が「強」である「どんぴしゃり」を利用した、省農薬防除法について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 「どんぴしゃり」は穂いもち圃場抵抗性が強く、「ひとめぼれ」より穂いもちの発生が少ない(図1、表1、表2)。
  2. 「どんぴしゃり」は箱施用剤による防除のみの体系でも、箱施用剤および穂いもち予防粒剤による2回防除とした場合と同等に穂いもちの発生を抑えられる。また、「ひとめぼれ」の箱施用剤と穂いもち予防粒剤による2回防除体系と比べても穂いもちの発生を少なく抑えられる(表1、2)。
成果の活用面・留意点
  1. 「どんぴしゃり」の葉いもち圃場抵抗性は「やや弱」、穂いもち圃場抵抗性は「強」である。
  2. 穂いもち圃場抵抗性が強い品種を利用した本田防除削減のモデルとして利用できる。
  3. 防除にかかるコストおよび労力軽減が期待できる。
  4. 「どんぴしゃり」を侵すレース037.1のいもち病菌を用いた試験である。
  5. 「どんぴしゃり」は葉いもちが発生するので、葉いもち防除が必要となる。
図表1 232576-1.gif
図表2 232576-2.gif
図表3 232576-3.gif
カテゴリ 病害虫 いもち病 環境負荷低減 コスト 水稲 抵抗性 抵抗性品種 農薬 品種 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる