促成イチゴの栽培技術

タイトル 促成イチゴの栽培技術
担当機関 山形県立園芸試験場
研究期間 1989~1991
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    促成イチゴの栽培に適した技術は以下の通りである。
    1. 適用品種は女峰とする。
    2. 育苗用土は、田土とくん炭を1:2に混合し、これにN:300g/床土1立方メートル
      (N:192mg/10.5cm径ポット640ml)の被覆燐硝安加里70日タイプ
      (N:P2O5:K2O=14:12:14)を混合して用いると良い。
    栽培概要
    1. 育苗
      5月下旬、前年秋作に定植した親株より発生したランナーから採苗。育苗中は雨よけハウスに置床
    2. 夜冷処理
      処理期間 7月20日~8月10日(20日間)
      12度C一定の冷蔵庫に16:00~8:00まで入庫(8時間日長)。
    3. 本畑
      定植 8月10日
    表1 夜冷処理開始時の生育
    表2 開花始期及び収穫始期
    表3 商品果数、果重
    図1 階級別収量
  2. 技術・情報の適用効果
    従来、ポット育苗では育苗期間の施肥管理に多くの労力を要したが、
    この技術により労力の軽減が図られる。
  3. 適用の範囲
    砂丘地を除く県内一円
  4. 普及指導上の留意点
    1. 定植時に花芽を検鏡し、未分化の場合は夜冷処理期間を延長する。
    2. 育苗中はうどんこ病の防除を徹底し、本畑に持ち込まないようにする。

図表1 233665-1.gif
図表2 233665-2.gif
図表3 233665-3.gif
図表4 233665-4.gif
カテゴリ 病害虫 育苗 いちご うどんこ病 栽培技術 施肥 品種 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる