スマ養殖技術開発試験 11.活魚選別器を用いたスマの選別効果

業績名 スマ養殖技術開発試験 11.活魚選別器を用いたスマの選別効果
年度 2019
研究機関名 愛媛県農林水産研究所水産研究センター(栽培資源研究所含む)
発表者所属
発表者 中島兼太郎 眞鍋諒太朗 佐々木進一 莖田峻希 山下浩史
発表論文(都道府県機関) 令和2年度日本水産学会春季大会,東京(2020)
課題
カテゴリ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる