1 花きの「かごしまブランド」産地拡大に向けた機械省力化・軽作業化技術の確立

課題名 1 花きの「かごしまブランド」産地拡大に向けた機械省力化・軽作業化技術の確立
研究機関名 鹿児島県農業試験場
研究分担 大隅・農機研
研究期間 完H11~15
年度 2003
摘要 1.試験研究の概要 1) 露地切り花栽培植付作業の機械化作業技術の確立 (1)グラジオラス球根植付機の開発改良 2) 露地切り花栽培の省力管理機械化作業技術の確立 (1)グラジオラス,小ギクの自走式多目的管理・収穫搬出作業車の開発改良2.試験研究の成果 1) グラジオラス球根植付機(養成球・切り下球用)を開発。 2) 農薬被爆低減用防除機(畦間走行型、無人走行防除)の開発。
研究対象 グラジオラス・小ギク
戦略 農業機械開発改良
専門 農業機械
部門 花き
カテゴリ 病害虫 機械化 機械開発 グラジオラス 省力化 農薬 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる