5 農産物の機能性・安全性向上技術開発(3) 家畜飼料及び家畜飼養資材として利用する茶葉の安全性解析

課題名 5 農産物の機能性・安全性向上技術開発(3) 家畜飼料及び家畜飼養資材として利用する茶葉の安全性解析
研究機関名 東京都農業試験場
研究分担 環境部
研究期間 継H13~16
年度 2004
摘要 目的・計画:茶の有する抗菌作用、消臭作用、生体調節作用等を活用して、畜産物の機能性付加、家畜疾病の予防、畜舎の衛生管理、家畜排泄物の招集等、茶葉の新たな利用方法を検討する。期待される効果:東京畜産物の安全性評価の向上 茶葉利用の可能性が広がり、従来、利用されてこなかった2番茶の需要拡大が図れる。
研究対象
専門 生命科学
部門 共通
カテゴリ 機能性 需要拡大

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる