にいがた園芸生産の牽引役となるオリジナル品種の開発と優良品種の選定

課題名 にいがた園芸生産の牽引役となるオリジナル品種の開発と優良品種の選定
研究機関名 新潟県農業総合研究所園芸研究センター
研究分担 育種科
栽培・施設科
研究期間 継H14~21
年度 2006
摘要 目的:県産品の優位性確保のため、有利販売と差別化が可能な野菜、花き、果樹の「オリジナル品種開発」と「優良品種の選定」を行う。内容:(i)オリジナル品種の開発、(ii)優良品種の選定。期待される成果:(i)チューリップ、ユリ、アザレア、イチゴ、エダマメ、ナシのオリジナル新品種の育成により新潟県の園芸生産拡大のけん引役となり、園芸既存産地の活性化、新産地の形成促進に役立つ。(ii)チューリップ、ユリ、切り花用草花類、スイカ、ナシ、ブドウ、モモ、クリの優良品種の選定とネギ、イチゴなどのウイルスフリー等優良種苗の育成により産地の生産拡大、安定生産に寄与する。(iii)県産ブランドの地位確立と県園芸生産の大幅拡大に寄与する。得られた成果:チューリップ新品種【新潟9号】、【新潟10号】、【新潟11号】品種を作出した。続けて新品種候補があり、成果として公表予定。成果の受け渡し先:関係指導機関等を想定。残された問題点:増殖ほ場がない
カテゴリ アザレア いちご えだまめ くり 新品種 すいか 生産拡大 チューリップ ねぎ 品種 品種開発 ぶどう もも ゆり

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる