新農薬の効果試験

課題名 新農薬の効果試験
研究機関名 長野県南信農業試験場
研究分担 栽培部
病害虫土壌肥料部
研究期間 完H19
年度 2007
摘要 目的:果樹園、野菜(畑)において、効果が高く安定性のある除草剤の選定と使用法を確立する。果樹、野菜、花きに有効な生育調節剤の効果とその利用方法を明らかにする。また、果樹,野菜など病害虫に対する新農薬の防除効果について検討する。、成果:19年度除草剤4例2剤、埴調剤2例2剤を検討した。ジベレリン用添加剤KUH833P加用処理による「二十世紀」肥大効果を確認した。果実成熟は3.4~3.7日早まった。また、ナシ、マルメロ、イチゴの病害に対し、殺菌剤4剤を普及に移した。ナシ、イチゴ、茶等の虫害に対して、15剤を普及に移した。
カテゴリ 肥料 病害虫 いちご 害虫 除草剤 農薬 防除 マルメロ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる