バイオガス発電における乾燥残さ活用技術の確立

課題名 バイオガス発電における乾燥残さ活用技術の確立
研究機関名 京都府丹後農業研究所
研究分担 畑作営農
研究期間 完S18~19
年度 2007
摘要 <研究目的>、 丹後国営開発農地における経営改善技術として乾燥残さを活用するための検討を行う。、<研究成果>、 0.5~4t/10aの施用量に対するコマツナの発芽試験を行ったところ、無施用区や慣行堆肥区と同等の良好な発芽を示した。、 基肥を全量乾燥残さで代用する検討を行ったが、初期生育を抑制しやすく、長ダイコン、聖護院ダイコン、大カブ、ブロッコリーでは減収した。しかし、ハクサイ、キャベツでは増収となったことから、この2品目について活用の可能性が見られた。
カテゴリ かぶ 乾燥 キャベツ 経営管理 こまつな だいこん はくさい ブロッコリー

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる