野菜系統適応性検定試験(たまねぎ、ヤーコン)

課題名 野菜系統適応性検定試験(たまねぎ、ヤーコン)
研究機関名 北海道立北見農業試験場
研究分担 畑作園芸科
研究期間 継S40~
年度 2008
摘要 目的:農研機構の育成系統について当地方における適応性を検定する。、成果:、[たまねぎ]、「月交23号」:標準品種と比較して、収量性が低いため、総合評価は劣った。しかし、規格内収量は「クエルリッチ」とほぼ同程度であることから、本系統の特性(高機能性)を生かした付加価値販売等が見込めれば、実用品種としての栽培も可能と考えられる。、[ヤーコン]、「SY234」:茎長は長く、茎数は多かった。平均イモ重はかなり軽く、規格内収量も標準品種の17%であった。外皮は赤色、肉色は淡橙色であった。食味は同等であった。、「SY235」:茎長はかなり長く、茎数は同等であった。平均イモ重はかなり軽く、規格内収量も標準品種の34%であった。外皮は赤色、肉色は淡橙色であった。食感は同等の評価とした。甘味は上回り、ブリックス値も高かった。、「SY236」:茎長はかなり長く、茎数はやや少なかった。平均イモ重はかなり軽く、規格内収量も標準品種の61%であった。外皮は淡赤色、肉色は灰白色であった。甘味は上回り、ブリックス値も高かった。、「SY237」:茎長は長く、茎数は多かった。平均イモ重は軽く、規格内収量も標準品種の27%であった。外皮は赤色、肉色は淡橙色であった。食感は同等の評価とした。甘味はやや強いと感じたが、ブリックス値はやや低かった。
カテゴリ 機能性 たまねぎ 品種 ヤーコン 良食味

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる