2.主要害虫に対する新農薬の防除効果

課題名 2.主要害虫に対する新農薬の防除効果
研究機関名 青森県農林総合研究センター畑作園芸試験場
研究分担 病害虫防除室
研究期間 継S51~
年度 2008
摘要 目的:主要害虫に対する新農薬の防除効果を検討する。、成果:防除効果が認められ、実用性ありと判定された農薬は、ナガイモのワタアブラムシ、ジャガイモヒゲナガアブラムシに対するアドマイヤー1粒剤(植溝処理)、アクタラ粒剤5(株元処理)、ジャガイモのワタアブラムシ、ジャガイモヒゲナガアブラムシに対するウララDF、アクタラ顆粒水和剤、ハチハチ乳剤、ナガイモのナガイモコガに対するハチハチ乳剤、フェニックス顆粒水和剤、ジャガイモのワタアブラムシに対するNI-32粒剤(植溝処理)、BCI-071フロアブル、ME-5343顆粒水和剤、キャベツのコナガおよびアオムシに対するプレバソンフロアブル5、ネギのネギコガに対するNNI-0750フロアブル、フェニックス顆粒水和剤、ネギのアザミウマに対するNNI-0750フロアブル、カブのナモグリバエに対するコテツフロアブル、ホウレンソウのアシグロハモグリバエに対するNK-0503水和剤、カスケード乳剤、ニンニクのイモグサレセンチュウに対するキルパー液剤、ニンニクのネギコガに対するハチハチ乳剤であった。
カテゴリ 病害虫 害虫 かぶ キャベツ にんにく ねぎ 農薬 ばれいしょ 防除 ほうれんそう わた

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる